2017.07.17 Monday 17:34

ブルーレイディスク発売

この前のブログに、宇都宮のコンサートの集合写真を追加しましたので、ブルーレイディスクの件は、こちらに掲載します。

昨年9月にオーチャードホールで行われた「映像の世紀コンサート」が年末の12月にBSプレミアムで放映されましたが、何とブルーレイディスクで商品化されます。BSを見ていない方にも朗報ですし、貴重な記録映像ですね。
7月21日発売予定ですが、宇都宮の会場で先行販売されていました。こんなジャッケトです。



裏面



近日中にHP上でも詳細がアップされると思いますが、4,700円(+税)で特典映像と曲目リストなどの解説書付きです。
是非皆さまのライブラリーにお加えください。

2017/07/17
  • - -

2017.07.14 Friday 18:00

クァルテットバージョン誕生日

今日の軽井沢の庭は、アジサイの色が綺麗です。




アナベルもようやく白くなり、定点からの写真で。
今年の花はあまり大きくありません。


さて一昨日12日(水)は、栃木県総合文化センター・メインホールでの「映像の世紀コンサート」でした。
それも、初めての編成・・・加古カル+羽毛田丈史さん(シンセサイザー)と、ナレーションには元NHKのアナウンサー山根基世さん。

この顔ぶれで、歴史的映像との共演を果たしたステージ。

昨年「映像の世紀コンサート」オーケストラバージョンが反響を呼び、今年も9月2日(土)に再演されますが、そのオーケストラバージョンに対抗するような新しい形です。

チラシの裏面に
「あなたの心に様々な想いを訴えかける奇跡のコンサートが実現します!」
とありましたが、過ぎ去った歴史とそこに存在した人間とがオーバーラップする映像と演奏の、両方の大迫力に圧倒されました。クァルテットの、一人一人の奏者の姿や音の表現も感じられ、オーケストラとはひと味違った、まさに「映像の世紀コンサート〜クァルテットバージョン」誕生の日となったのです。
おめでとう!!

20年前のNHKスペシャル「映像の世紀」でナレーションを耳にした時、その穏やかな声の中に、人間の持つあらゆる感情や様々な感性が封じ込められているかのようで、本当に素晴らしい、と思ったものです。
その印象はステージで生でお聴きしても変わりません。9月2日のオーケストラバージョンでも、山根さんのナレーションです。

舞台裏の話を少ししますと、生の楽器とシンセサイザーの音のミックスというのは、技術的に難しい面もあり、KAKOさんや羽毛田さんはちょっと心配していたそうですが、今回は日本最高とも言うべき素晴らしい音響のご担当者がついていましたので、音の一体感も完璧でした。

終演後の出演者の笑顔。



左から南かおり(ヴィオラ)植木昭雄(チェロ)相川麻里子(ヴァイオリン)山根基世(ナレーション)加古隆(ピアノ)羽毛田丈史(シンセサイザー)※羽毛田さんは作・編曲家・ピアニスト・プロデューサーという顔を持っていらっしゃるのですが、今回のステージでの表記です。

2017/07/14
  • - -

2017.06.30 Friday 19:43

散り椿

6月に映画のロケ地へ行ったことを書いておきます。

今、KAKOさんが手がけ始めた映画の音楽。
時代劇「散り椿」(葉室麟・原作)で、監督は木村大作、脚本が小泉堯史。
主演は岡田准一さんです。
富山の撮影現場での岡田准一さんとKAKOさんとのツーショットもあるのですが、岡田さんのマネージャーさんから写真の掲載はしないようにと注意がありましたので、残念ながら私だけで見ています。
ジャニーズ事務所の規定は厳しそうです。

この日の撮影現場は、深い竹林が決め手だったそうです。景色をスタッフの手で作り込んだとしても思うようにはいかない、というので、時代めいた屋敷の裏手の竹林とともに、撮影が進められていました。
そこに立つKAKOさん。



あとは撮影現場で目に付いたいくつか。


Tシャツに「散り椿」とプリントしてあるので、動き回るスタッフさんに立ち止まっていただきました。

小泉堯史監督の「蜩ノ記ひぐらしのき」も原作者が同じ、ご縁がありますね。
今度の映画で岡田准一さんは、主人公「瓜生新兵衛うりゅうしんべい」への入れ込み方、表情、姿が凄くて美しい!!ご期待下さい!
来年公開ですし、映画の公式サイトもスタートしたばかりですので、ジワジワとお知らせしていきます。

2017/06/30
  • - -

2017.06.24 Saturday 21:02

花にちなんだ曲名

今日、別々の発送人から冊子が届きましたが、
それは偶然なことに、いま上映中のドキュメンタリー映画「笑う101歳×2」関連のものだったのです。
ひとつは、この映画のオフィシャルブック(キネマ旬報社)なるもの。

映画の台本や、おふたりの写真、インタビューなど詳しい内容でした。

もう一冊は明治生まれの歌人・齋藤史さんの歌集「秋天瑠璃」(不識書院)。


実は、齋藤史さん生前の写真は「笑う101歳・・」に出てきます。
80歳を超えていると思えるのに、40代の女性のようなふわっとした髪型で猫を抱いていました。

その写真に流れるKAKOさんの音楽もこの映画のメインテーマ曲でしたが、そこに彼女の歌も文字で映し出されていて、KAKOさんはこの場面をとても気に入っていたと後になって分かったのです。

4月末に岐阜サラマンカホールで録音した際、「映像の世紀 組曲」の他に3曲のボーナストラックも収録し、その1曲が「笑う101歳×2」のテーマ曲。
曲名が花にちなんだ名前になる予定、、、と以前書きました。
齋藤史さんの写真にかかった短歌1首からいただく、とKAKOさんが呟いていたからなのでした。

老いてなほ艶(えん)というべきものありや
花は始めも終りもよろし

「秋天瑠璃」が発行されたのは1993年。

8月30日に発売されるCD『QUARTET 掘 岷覗の世紀」組曲』に「花は始めも終りもよろし」という曲、あります。

2017/06/24
  • - -

2017.05.23 Tuesday 20:05

日本映画批評家大賞

「エヴェレスト〜神々の山嶺(いただき)〜」の音楽で「日本映画批評家大賞」の映画音楽賞を受賞致しました。

5月16日に授賞式があったのですがKAKOさんは都合がつかず出席できなかったので、今日、トロフィーなどが郵送されてきました。

パンフレットと受賞者リボン。


評を書いて下さった国弘よう子さんによると、サウンドトラックを引き合いに出しながら、映画の最初のほうでカトマンズの街中で流れる「ララバイ・オブ・エヴェレストー序章ー」や、危険な登頂に挑む壮大なメロディー「エヴェレストの風となれー運命ー」など、”繊細で優しくそれでいて大胆な音楽が映画に溶け込んで心地よい”のだそうです。

もし映画をご覧になっていなくとも、サントラを是非お聴きになってみてくださいね。

こちらは日本映画批評家大賞のサイトです。
http://jmcao.org/

2017/05/23
  • - -

<<new | 1 / 71pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK