2017.03.17 Friday 20:21

放送文化賞

3月17日(金)はNHKホールにて「第68回日本放送協会 放送文化賞」の授賞式がありました。
この賞は1949年度(昭和24年度)から始まったそうで長い歴史がありますし、暮らしと放送の関わりや、放送事業の推移のめざましさを考え合わせたりすると、音楽家としては一人受賞できたこと、なかなか得がたい機会だったと思います。

早春の花「連翹(れんぎょう)」の黄色がステージにあざやかです。
今年受賞した方々の登壇の様子。



左から地震研究の専門家・阿部勝征(かつゆき)さん(東京大学名誉教授)の代理ご家族2名、ご本人は昨秋急逝されたそうです。
電磁界理論の第一人者・安藤真(まこと)さん・(東京工業大学 理事・副学長)。
KAKOさん。
ご存じタモリさん。1975年のデビューだそうです。
俳優・三田佳子さん。さすがに場が華やぎます。
群馬県立ぐんま昆虫の森 名誉園長の矢島稔さん。

このあとステージでは各受賞者の挨拶があり、別会場での懇親会のスナップ。
タモリさんと歓談中。


三田さんや矢島さんも加わって。


安藤さんもご一緒に。


KAKOさんのスピーチは、私もこの日初めて聞きましたが、3分以内という制限時間を守るためにご自身で練りに練って原稿を用意していたと思います。作曲家としての日頃の心構えや意気込みを端的にまとめていてちょっと感動的でした。
1月に70歳となった覚えやすい年なので、良い記念にもなった受賞ですね。
映像と音楽が響き合う仕事を、これからも生涯現役で続けていきたいものです。

NHKwebニュースに授賞式のことがアップされていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170317/k10010915071000.html


2017/03/17
  • - -

2017.03.03 Friday 12:10

受賞のお知らせ

昨日の夕方、突然「おめでとうございます!」というメールが、海外に滞在している親しい方から届きました。
KAKOさんが日本放送協会の第68回「放送文化賞」を受賞したというのを、朝日新聞デジタル17時20分のニュースで読んだそうなのです。
インターネット、これが一番早く出回ったのかと思います。

今朝になって、ラジオやテレビで知った方からのメールが届きましたが、KAKOさんも私もまだテレビニュースを見ていなかったので、インターネットのNHKニュースを確認してみました。
日付は3月2日の夜10時過ぎています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170302/k10010896691000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001

1980年代に、フランスから帰国するなりNHKドラマの番組ディレクターから依頼があったり、1995年〜96年のNHKスペシャル「映像の世紀」や20年後の「新・映像の世紀」と、素晴らしい番組に参加できたことが端緒となっているわけですが、アナウンサーの言葉にあるように、「・・楽曲で支え、多くの人々の心を捉えてきた・・」と讃えられたことは、うれしいことです。

同じく今回受賞する「タモリ」さんは、NHKスペシャルがスタートした1989年に「シリーズ 人体」で司会を務めていました。NHKスペシャル25周年企画の冊子でのインタビュー記事があるのですが、その中にこんな箇所が。

・・・私は特に、1995年から始まった大型シリーズ「映像の世紀」が好きでしたね。(中略)テーマ曲「パリは燃えているか」は今でも口ずさめるほど。・・・


思いがけない人の出現に、
--どこかで誰かが聴いてくれている--
と、気を引き締めたものです。

2017/03/03
  • - -

2016.11.26 Saturday 11:06

初雪

一昨日は関東以北を中心に初雪でしたが、軽井沢の定点観測さんからも、積雪の多さを感じさせる写真が届きました。



Snowcakeスノーケーキのようです。

湯河原も初雪で、山々が霞んだ日でした。

今日は飛行機で鳥取へ。琴浦町カウベルホールでクァルテットが久しぶりに揃ってリハーサル。明日本番です。このホールには1988年に初めて行きました。400人収容で小さいのですが、非常に響きが良く、何とここでKAKOさんが演奏するのは今年で8回目とのこと。過去には、二胡奏者の姜建華(ジャン ジェンホア)さんとのデュエットもありました。

日本海は雨になるかも知れませんね。

2016/11/26
  • - -

2016.11.12 Saturday 18:10

うれしいニュース

ちょうど2ヶ月ぶりのブログ更新です。

●うれしいニュース!
9月に東京・オーチャードホールで開催された「映像の世紀コンサート」が、NHK・BSで放送されることが決定しました。
東京で1日のみの公演でしたので、ご来場いただけなかった方々も是非ご覧下さい。

《放送日》
※12月4日(日)13:00〜14:29(BSプレミアム)

番組ホームページ
https://www.nhk.or.jp/special/eizo/program/ にはこのように書かれていました。
“NHKスペシャル「映像の世紀」の貴重な映像を生のオーケストラサウンドとともにお届けする。2016年9月に東京・オーチャードホールで行われた「映像の世紀コンサート」の模様を放送する。テーマ音楽「パリは燃えているか」をはじめ、加古隆氏の作曲したNHKスペシャル「映像の世紀」の数々の音楽は、映像に新たな命を吹き込んでいる。今回、番組の映像を音楽に合わせて再編集、巨大スクリーンに投影しながら、映像と音楽の圧倒的なコラボレーションで激動の100年を振り返る。壮大な音楽と歴史的映像が織りなす息もつかせぬ緊迫の90分である”

●新春のコンサート
今年の春に大好評だった加古隆クァルテットの「新・映像の世紀 コンサート」が、年明けの1月に関西で行われます。第1部はピアノ・ソロ、第2部はクァルテット。詳細はHPでご確認下さい。

日時:2017年1月15日(日) 開演15:00 (開場14:30)
会場:奈良・橿原文化会館 大ホール

日時:2017年1月21日(土) 開演15:00 (開場14:30)
会場:兵庫・伊丹アイフォニックホール

2016/11/12
  • - -

2016.08.11 Thursday 20:07

音楽の顔

KAKOさんのCDがエイベックス・クラシックスから発売されるようになった頃、カメラマン氏 とグラフィックデザイナーの女性を紹介されました。
最初のアルバムが2006年の「PIANO」です。



このデザイナーが北海道のご出身だと、今日初めて知りました。

今までも夏にはきっと帰省されていたのですね。今年は出身地の美瑛町で、ご自身の展覧会を開くということです。
テーマは「音楽家の顔」かしらと思ったら、展覧会のタイトルは「音楽の顔 展」になっています。彼女:ふなやなぎめぐみさんがデザインされたCDジャケットやグラフィックデザインの仕事がビッシリ貼られたポスターです。



KAKOさん自身も気に入っている「アンソロジー  ANTHOLOGY」のCDジャケットが左上のほうに見えますね。カメラマンは堀裕二さん。

いつも素敵な仕上がりにしてくださる方々なので、ちょっとお知らせしたかったのでした。

2016/08/11
  • - -

2016.08.04 Thursday 21:04

雨に打たれて

軽井沢駅からのタクシー運転手の人が、「数日前の大雨で白糸の滝辺りが土砂災害で通れなくなっていますよ」と注意してくださいましたが、余程降ったのでしょう。
3週間ぶりのアトリエのアナベル達は、ほとんどお辞儀しています。



庭には胡桃の木から落ちた実が、泥だらけになりながらあちこちにかたまっていました。



蓮華升麻(レンゲショウマ)が少しだけ咲いています。



「THE PIANIST!」のツアーが終わって、8月は休めそう!と思っていたのですが、急なドキュメンタリー映画の話が来てしまい、約1ヶ月後に録音ですから、KAKOさんは間もなく作曲にかからなければなりません。
(可哀想!)

映画のご担当者から、追いかけるように台本などの資料が届き、週明けには打ち合わせです。
KAKOさんは雨に打たれた花ほどではありませんので、次に向かって気を集中し始めました。

2016/08/04


  • - -

2016.07.12 Tuesday 16:04

「貌」と「顔」

今日は一冊の分厚い写真集
『貌・KAO 供’鯆纂命心曄屬海譴ら・・・」』
のことをお話しします。

写真家は白鳥真太郎氏。
現在の日本を形作ってきた団塊の世代も60代になっていること、・・・しかし

芸術や文化、学術など様々なフィールドで今もエネルギッシュに活動を続けている日本が誇る「達人」たちは、どのような「これから」を語るのだろうか。
・・・「これまで」をどのような「これから」につなげていくのだろう。

写真集のタイトルにある「これから」については、そういう意味だそうです。
表紙は北野武さん。


(実物は縦30センチ×横22.5センチ)

この深い表情をあぶり出しているライティングからも写真家の技量を既に語っていると、まず思います。
ゆっくりとページを開きます。全ページ100人の被写体と、写真のそばに「これから・・・」したいことなど書かれている文章を読みました。北野武さんのは「誰も観たことがないような映画を」撮るだろう、と。
これは”貌”になった人たちの文ではなく、写真集のアートディレクターの意図で、撮影前後に各自にインタビューをしたものが元になっています。

〈2014年12月12日のアトリエ通信に撮影スタジオへ行った日のことを書いています。そのもっと以前から企画されて100人の撮影は3年がかりとか。〉

KAKOさんは前半のほうの頁。そういえばページ数が何処にも印字されていないので、49人目ということか。
通常プロフィール写真として世の中に出回るものとは趣が違い、光と影で鼻筋が際立ち、強い意志がにじみ出ている滅多にない一瞬です。

東京で写真展がありますし、詳しいことはこちら↓をどうぞ。100人の名前も列記されています。

http://www.jps.gr.jp/kaiin_tell/20160729/

個人的には、写真集を手元に置いてじっくり眺めていただきたいかな。
「顔」と「貌」の違いもおさらいしたりして。

さてさて、
ページを繰っていくと子供の頃のことを書いている人がいまして、それは両親からかけられた”言葉”でした。

県知事を務めたこともある方のこんな記憶。
・・・・・・・・
帰宅した父が「今日はハッピーだったかい?」と聞き、僕が
「はい、ハッピーでちゅ」と答えるのが日課でした。
そんな毎日を過ごしていると、本当にハッピーな気分になっていくんです。

・・・・・・・・
息子に暗示をかけていたのかもしれない、という何とも言えず素敵な父親像。


もう一つは音楽界の大会社の社長さん。物事に果敢に挑んできた人生で、自分が何をしたいのかを大切にしてきたけれど、、、その原点を思い出して。
・・・・・・・・
その根底にあるのは、幼い頃に母が
いつも言ってくれた
「あなたには、できる!」という言葉かもしれない。

・・・・・・・・

うーん、これもいいですねえ。

2016/07/12


  • - -

2016.05.24 Tuesday 21:35

あの番組の・・・番外編

★「映像の世紀」と「新・映像の世紀」が合体した番外編が放送されます。

映像の世紀プレミアム 第1集「世界を震わせた芸術家たち」
BSプレミアム 5月28日(土)午後7:30〜(90分)

番組内容はこちらでご覧下さい。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3681/2899040/index.html

2016/05/24
  • - -

2016.03.07 Monday 17:37

鼻のツボを知る

「2〜3日前の朝のラジオで、鼻のそばのツボの話をしていた」とKAKOさんから聞きました。「げいこう」「しはく」と言っていた、という耳情報です。

そういう私は十数年来の花粉症。
ただ、ここ3〜4年はかなり楽になってきているなあと思っていたのですが、今年はどういう訳か、辛い。
目のかゆみは少なくて助かりますが、大きなクシャミの連発で、その凄さで一時は首筋までおかしくなったこともありました。

早速調べてみますと、漢字は「迎香」「四白」でした。ツボの挿絵も掲載されていますので、試したりしているところです。
花粉症は、目鼻だけではなくて気分が低調にもなるので、春は情けないことに仕事がはかどりません。(涙)

ネットの検索中に、とあるブログに行き当たりました。

「鼻の横を押す」と病気が治る/萩原秀紀/13年9月初版

という書籍を買った人のブログです。著作者によると、さらに「天迎香」なるものがあって、そのツボひとつで身体の機能が改善される、、、というのですが。
エッ?まさか?

こういう私のことはさておき、KAKOさんは毎日コツコツと自分に課したスケジュールをこなしていて、尊敬しちゃいます。
急に新しいプロジェクトのお話しが来たり、インタビューの依頼があったりもして、
思いがけずその日の予定が狂いますから、先へ先へと少しづつやっていくことの重要性を一番知っているのでしょう。
(昨日も某テレビ局から3名いらっしゃいましたが、その番組の放送時間が決まったらここにも掲載します)

KAKOさんのアトリエから眺められる、今日の山並みです。雨で上昇した水蒸気が霧のように山々をかすめていて水墨画のようです。 2016/03/07
  • - -

2015.10.09 Friday 12:41

日本映画史を体現する男

昨日は、久しぶりに都内での試写会に出掛けました。
長く閉じこもりの作曲生活で体調も芳しくなかった為、思い切って一日OFFにしたのです。
夏に音楽を録音した「果し合い」という時代劇の完成披露試写会ですが、元々はBSスカパー!のテレビ用で、藤沢周平 新ドラマシリーズの第1回目です。「最後の忠臣蔵」の杉田成道監督。

主人公を演じた仲代達矢さんが撮影中に、「この作品はスクリーンで見てみたい」と発した一声がきっかけになって、この完成披露となったとのこと。
番組は、BSスカパー!時代劇専門チャンネルで10月31日(土)に放送されますが、このチャンネルをご存じない方も多いと思います。365日時代劇を有料放送している訳ですから、当然契約しないと見られないです。昨日の試写会では、上映前に時代劇専門チャンネルのいろいろな予告編をやっていましたが、今や昔の俳優陣も続々登場して、かなり懐かしい感じ。

「果し合い」はというと、「役者・仲代達矢。日本映画史を体現する男が魅せる、圧巻の95分。」
このコピー文が裏切らない内容で、テレビ番組仕様とは思えない美術や道具や演出でした。
そうそう、限定付き一週間、東京で劇場上映されることになったことが昨日発表されたのです。



原作は藤沢周平「時雨のあと」、脚本:小林政広。
昭和7年生まれ、83歳の仲代達矢さんが演じる「老いた下級武士の物語」。見ていただきたいものです。
そしてこの作品では女優陣も素晴らしかった。桜庭ななみさんが時雨のような雨模様の竹林を歩くシーンは、ため息が出るほど。原田美枝子さんは、黒澤明監督の「乱」で凄みのある存在感の女性でしたが、仲代達矢さんとご一緒するのはそれ以来とか。いつも役作りに徹していらっしゃるので尊敬します。満開の桜の下で、掌に落ちた花びらに語りかける徳永えりさんも、、いい。
ついでに、、、赤い首リボンを付けた猫も良かった!

東劇(東銀座駅)で11月7日〜13日、朝10時から1回の上映です。
BSスカパー!時代劇専門チャンネルは 10月31日(土)午後3時と午後7時
このチャンネルのご相談は0570-200-262だそうです。

あっ!忘れるところでした。KAKOさんの音楽のこと。
監督の強い希望で「ポエジー」が冒頭から流れてきます、、、。時代劇なのにポエジー?グリーンスリーヴス?
相川麻里子さんのヴァイオリンと、植木昭雄さんのチェロとで、もちろんポエジー以外の新曲も登場します。

2015/10/09



  • - -

<<new | 1 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK