2017.01.28 Saturday 16:33

2月(如月)に向かって

冬の定点観測さんから先日届いた、今どきの軽井沢はこんな感じ。



このお庭に隣人のかたが取り付けてくださったという餌台の周りには、小鳥が来ています。

さて、今月は奈良県と兵庫県のコンサートがありましたが、昨年からプログラムに組んでいた第2部の、クァルテットで演奏された「映像の世紀」「新・映像の世紀」の組曲は、ここでひと休み、です。
前回のブログに書いたのですが、個人的にも大好きな組曲なので残念に思い始めていたところ、何と、同じ内容でアルバム(CD)化されることになりました。
録音は4月後半です。
と言うことは、おそらく年内に発売でしょう。

21日(土)の伊丹・アイフォニックでのリハーサル風景。



KAKOさんが鍵盤に指を置いて調弦の場面ですが、ホールの客席側も少し写っています。
椅子を見ただけで、「サロン音楽ホール」のような雰囲気ですね。



そうなのです!
約500席はかなりの急勾配で客席とステージはとても近く、音もクリアに響きわたり、奏者にもお客様にも素晴らしい空間となっています。
ステージの奥がカーブになっているところも、優しく親しみが持てました。

ふと天井を見上げて、あまりに可愛らしいので、パチリ!
お花のかたちのシャンデリア。



関西在住の旧知の作家がいらしていたとのことで、KAKOさんに届いた感想にこんなひと言が書かれていたそうです。
「以前にも増して思索の純度が増した・・・音楽でしか現せない黙示の深まり・・・」
さすがに、文学者の言葉ですね。
アンコールの「黄昏のワルツ」で、魂がどこかに連れ去られたようで立ち上がれなかった・・・とも。

しばらくコンサートの予定はないのですが、来月からは夏以降の企画に合わせて準備が始まります。

2017/01/28

  • - -

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK