2017.03.03 Friday 12:10

受賞のお知らせ

昨日の夕方、突然「おめでとうございます!」というメールが、海外に滞在している親しい方から届きました。
KAKOさんが日本放送協会の第68回「放送文化賞」を受賞したというのを、朝日新聞デジタル17時20分のニュースで読んだそうなのです。
インターネット、これが一番早く出回ったのかと思います。

今朝になって、ラジオやテレビで知った方からのメールが届きましたが、KAKOさんも私もまだテレビニュースを見ていなかったので、インターネットのNHKニュースを確認してみました。
日付は3月2日の夜10時過ぎています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170302/k10010896691000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001

1980年代に、フランスから帰国するなりNHKドラマの番組ディレクターから依頼があったり、1995年〜96年のNHKスペシャル「映像の世紀」や20年後の「新・映像の世紀」と、素晴らしい番組に参加できたことが端緒となっているわけですが、アナウンサーの言葉にあるように、「・・楽曲で支え、多くの人々の心を捉えてきた・・」と讃えられたことは、うれしいことです。

同じく今回受賞する「タモリ」さんは、NHKスペシャルがスタートした1989年に「シリーズ 人体」で司会を務めていました。NHKスペシャル25周年企画の冊子でのインタビュー記事があるのですが、その中にこんな箇所が。

・・・私は特に、1995年から始まった大型シリーズ「映像の世紀」が好きでしたね。(中略)テーマ曲「パリは燃えているか」は今でも口ずさめるほど。・・・


思いがけない人の出現に、
--どこかで誰かが聴いてくれている--
と、気を引き締めたものです。

2017/03/03
  • - -

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK